プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え 多肉植物

多肉植物のふやし方3つの方法

更新日:

多肉植物のふやし方には葉挿し、挿し芽、株分けなどがあります。

葉挿しでふやす

葉挿しは、葉の1枚から株を育てる方法です。落ちてしまった葉を利用して繁殖させることができ、たくさんの苗を作ることができます。

葉挿しに用いる葉は茎の付け根からていねいに取るのがポイントです。

葉のつけ根から発根するまで、数週間半日陰で管理します。小さな芽が出てきたら霧吹きで水を与え、ピンセットで根元をつかんで鉢に植えつけます。

関連記事:さし木が枯れる場合は要チェック!失敗率が高いさし木を成功させるポイント

挿し芽でふやす

挿し芽はさし木と同様のやり方で、親木からさし穂を切り取ってふやす方法です。

上で紹介した葉挿しは葉1枚から株を作る方法ですが、挿し芽はカットした茎から株をふやす方法です。挿し穂が大きい分成功しやすい方法です。

さし穂を土に挿す前に3週間ほど乾燥させて、根が出始めてから土に移すのがポイントです。

芽を挿したらたっぷりと水を与えます。

株分けでふやす

根が発生している子株を分けて増やす方法が株分けです。株分けは最も簡単で成功する率の高い方法です。

子株が出来てきたら株全体を鉢から引き抜き、根に付いている土を落とした後株を一つ一つ丁寧に分けていきます。

多肉植物栽培で放置していると子株がどんどん増え、鉢がいっぱいになってしまいます。健康な生育を妨げるので、増えた子株は株分けして別の鉢に植えるのがおすすめです。

多肉植物の記事一覧はこちら。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え, 多肉植物
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.