プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え 多肉植物

季節別、多肉植物の3つの生育タイプ

更新日:

多肉植物の生育はどの種類も同じように思われがちですが、生育の時期によって3つのタイプに分けることが出来ます。

春夏型タイプ

気温が10~25℃を好み、春と秋に成長するタイプです。セダムやハオルチアなどがこの分類に属します。穏やかな気温を好み、夏場と冬場はあまり成長しません。

夏型タイプ

サボテンやアロエ、アガベなどの種類は20℃以上の気温を好み、夏場に成長します。このタイプの多肉植物は水をあまり必要としないので、水のやりすぎに注意しましょう。冬場はほとんど水やりの必要がありません。

冬型タイプ

多肉植物には5~10℃程度の低い気温で生育する種類があります。リトープス等がこのタイプに該当します。夏場の高温多湿が苦手なので、夏になったら水を与えないようにしましょう。このタイプは晩秋から春にかけて生育します。

このように多肉植物とひと括りに言っても育て方は様々です。

多肉植物を栽培する上で注意したいのが水やりです。間違った水の与え方をすると枯れてしまいます。

多肉植物の水やりのコツはずばり水をあげすぎないことです。

多肉植物の種類や生育タイプが異なると水やりの仕方も異なります。

サボテンやアロエは夏場に水を適度に与え冬場に水を与えないこと、一方でリトープスは夏場に水を与えないなど、種類によって違います。

サボテンやアロエの育て方でリトープスを管理すると枯らせてしまうでしょう。

栽培する種によって管理のしかたが異なるので、十分に調べた上で適切に管理しましょう。

多肉植物の種類については様々な書籍で紹介されています。

多肉植物の記事一覧はこちら。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え, 多肉植物
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.