プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え 多肉植物

季節別、多肉植物の3つの生育タイプ

更新日:

多肉植物の生育はどの種類も同じように思われがちですが、生育の時期によって3つのタイプに分けることが出来ます。

春夏型タイプ

気温が10~25℃を好み、春と秋に成長するタイプです。セダムやハオルチアなどがこの分類に属します。穏やかな気温を好み、夏場と冬場はあまり成長しません。

夏型タイプ

サボテンやアロエ、アガベなどの種類は20℃以上の気温を好み、夏場に成長します。このタイプの多肉植物は水をあまり必要としないので、水のやりすぎに注意しましょう。冬場はほとんど水やりの必要がありません。

冬型タイプ

多肉植物には5~10℃程度の低い気温で生育する種類があります。リトープス等がこのタイプに該当します。夏場の高温多湿が苦手なので、夏になったら水を与えないようにしましょう。このタイプは晩秋から春にかけて生育します。

このように多肉植物とひと括りに言っても育て方は様々です。

多肉植物を栽培する上で注意したいのが水やりです。間違った水の与え方をすると枯れてしまいます。

多肉植物の水やりのコツはずばり水をあげすぎないことです。

多肉植物の種類や生育タイプが異なると水やりの仕方も異なります。

サボテンやアロエは夏場に水を適度に与え冬場に水を与えないこと、一方でリトープスは夏場に水を与えないなど、種類によって違います。

サボテンやアロエの育て方でリトープスを管理すると枯らせてしまうでしょう。

栽培する種によって管理のしかたが異なるので、十分に調べた上で適切に管理しましょう。

多肉植物の種類については様々な書籍で紹介されています。

多肉植物の記事一覧はこちら。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え, 多肉植物
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.