ハイドロカルチャー・観葉植物

観葉植物クロトンの栽培方法・育て方

2022/9/22

クロトン クロトンはマレー半島や太平洋地域など熱帯性の地域を原産とする植物です。 クロトンはヘンヨウボク(変葉木)とも呼ばれています。学名はcodiaeumでトウダイグサ科クロトンノキ属に属します。 クロトンにはオレンジや黄色など様々な色、葉の模様、形や大きさなどたくさんの品種があります。ヘンヨウボクという名称は葉の形や大きさ色のバリエーションが多いことに由来します。 2m程度の高さまで成長する常緑低木で、熱帯の植物なので日光と水を好みます。 株選びのポイントは葉の色が濃く、幹がしっかりとしたものを選ぶと ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物

ミリオンバンブーの育て方・栽培方法

2022/9/17

ミリオンバンブーとは ミリオンバンブーは雑貨店などでも販売されている水栽培が人気の観葉植物です。 ドラセナサンデリナの幹を切ったもので竹に似ていることから、ミリオンバンブーと呼ばれています。 ミリオンバンブーの科名はリュウケツジュ科で、ギンヨウセンネンボクや富貴竹とも呼ばれており熱帯アフリカを原産地とする植物です。 温暖で湿潤な環境に自生しており1.5m程度の高さまで成長します。 ミリオンバンブーは水栽培でも用土を使った栽培どちらでも楽しめる観葉植物です。 育て方・栽培方法 ミリオンバンブーは室内で水耕栽 ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物

バーリングトニア(ゴバンノアシ)の栽培方法・育て方

2022/9/17

バーリングトニア バーリングトニアは別名ゴバンノアシとも呼ばれるマングローブの一種です。サガリバナ科で学名はBarringtonia asiatica. 原産地はインド洋から太平洋地域にかけての熱帯地域で幅広く自生しています。 バーリングトニアの果実は四角形の特徴的な形をしており、碁盤の足に似ていることからゴバンノアシと呼ばれています。 園芸店やホームセンターなどに観葉植物として流通しているものは幼木で、四角形の種子から芽が姿がかわいらしくインテリアとしても楽しめるでしょう。 バーリングトニアは大きく育つ ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物

コルジリネの栽培方法・育て方

2022/9/7

コルジリネ コルジリネは東南アジアからオーストラリアなどオセアニア地域を原産地とするリュウゼツラン科の植物です。 ホームセンターや園芸ショップなどでも広く販売されており、手軽に入手できる観葉植物です。 カラフルな色合いの葉が特徴的で赤い色味の品種や白い模様の入った品種などバリエーションも豊富です。 コルジリネは生育旺盛で枯れにくく育て易いので手軽に楽しみたい場合はおすすめの観葉植物といえるでしょう。 常緑の低木または高木で成長すると高さ3m程度になります。 育て方・栽培方法 コルジリネは日光を好む植物です ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物 多肉植物

アロエの育て方・栽培方法と水耕栽培

2022/8/22

photosforyouによるPixabayからの画像 アロエ アロエは園芸植物として幅広く栽培されているなじみの深い多肉植物です。日本には明治時代に導入されたと言われており、古くから親しまれてきた植物と言えるでしょう。 アロエの別名はイシャイラズと呼ばれており、その名前の通り胃痛や火傷、湿疹などの民間薬として利用されてきました。また葉は肉厚で食用に利用されることもあります。 原産地は南アフリカで日当たりが良く乾燥した場所を好む性質です。 アロエは栽培が容易で枯れにくいので、初心者にもおすすめの園芸植物と ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物

食虫植物ハエトリソウ(ディオネア)の栽培方法・育て方

2022/9/7

ハエトリソウ 食虫植物とは虫を捕らえて消化・吸収して自身の栄養とする植物のことを言います。ハエトリソウはポピュラーで食虫植物の代表格といっても良いでしょう。 日本国内ではハエトリソウと呼ばれることが一般的ですが、正式にはディオネアとも呼ばれ属名はディオネア属に分類されます。 ハエトリソウの原産地は北アメリカで日当たりの良い湿地に自生しています。 北アメリカは冬季には気温が低くなるためその場所に生えるハエトリソウも低温にも強いのが特徴。 ハエトリソウの特徴はその特徴的な姿形。二枚貝のような形状の葉をもち、虫 ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物 多肉植物

ユールフォビアの栽培方法・育て方と水耕栽培

2022/8/10

ユールフォビア ユールフォビアとは多肉植物の属名のことで、柱サボテンのような姿をした種類や球状サボテンに似たタイプや塊根植物のタイプなど姿形は多様です。 ユールフォビアの科名はトウダイグサ科に分類され主な原産地はアフリカやマダガスカル。 栽培方法・育て方 見た目や形のバリエーションは多彩ですが、基本的な性質や栽培方法はほとんど同じ。 ユールフォビアは高温と強い日射を好む植物なので、日当たりの良い場所で栽培しましょう。 多肉植物なのでやや乾燥気味に育てると良いでしょう。春・夏・秋のシーズンは土が乾いたタイミ ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物

アスプレニウムの育て方と栽培方法

2022/8/2

アスプレニウムは光沢のある葉がうねうねと波打って育つ姿が特徴的なシダ植物の一種です。 アジアンタムやビカクシダなどもシダ類の仲間です。シダ植物は見た目が特徴的で、観葉植物として販売されているものは多くあります。 アスプレニウムは日陰と多湿の環境を好むので、室内栽培にも適しています。インテリアグリーンとしても楽しめる観葉植物です。 栽培方法・育て方 アスプレニウムは明るい日陰の環境が栽培に適しています。夏場は直射日光を避けて栽培しましょう。 また湿度の高い場所を好む植物なので霧吹きなどで葉水を与えると良いと ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物

ヤシ・ソテツの育て方と栽培方法

2022/7/29

ヤシ・ソテツは南国のシンボルツリーとして人気の植物です。 ヤシやソテツは様々な品種があり、大きさや幹や葉の形など異なります。 また原産地についても東南アジアや中国、南米など広い範囲に分布しておりバリエーションが豊富な植物と言って良いでしょう。 育て方・栽培方法 ヤシ・ソテツは南国のイメージがありますが、園芸で楽しむ場合は日陰や室内でも栽培できる植物です。 夏場に日光が強すぎると葉焼けを起こす場合があるので、夏場の管理には気をつけましょう。 冬場の管理についてはだいだい5℃程度までの温度であれば栽培できます ...

ReadMore

ハーブ

ハーブ栽培を楽しむ!タラゴンの育て方と栽培方法

2022/7/29

タラゴンについて タラゴンは別名フレンチタラゴン、エストラゴンと呼ばれるハーブです。学名はArtemisia dracunculus L. タラゴンは中央アジアからシベリアにわたる広い範囲を原産地としています。 大きさは40~50cm程度の高さまで成長する多年草で、根茎が地下で横に広がって生育するのが特徴。 タラゴンは葉に香りがありエスカルゴなどに利用されており、フランス料理には欠かすことができないハーブです。 タラゴンの原産地はカラッとした涼しい気候の場所なので、日本の高温多湿には弱いという特徴がありま ...

ReadMore

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.