ハイドロカルチャー・観葉植物

見た目が面白い食虫植物!ネペンテス・ウツボカズラの栽培方法と育て方

更新日:

栽培のポイント

・湿度を好む植物である。水切れに注意。

・日当たりの良い場所で栽培する。

・寒さに弱いため5~10℃以下にならないようにする。

ネペンテスについて

ネペンテスはウツボカズラとも呼ばれる食虫植物の代表格と言える植物です。

つる性の多年生植物でインドネシアやマレーシア、タイなどの東南アジアやマダガスカルなどの熱帯地域に自生しています。

ネペンテスの大きな特徴は葉の先端に捕虫袋が付いていること。捕虫袋の入り口部分には蜜腺があり、虫が誘い込まれ袋の中に滑り落ちる構造になっています。

袋に落ちた虫は酸性の消化液で分解され植物の栄養となります。

ネペンテスは品種も多く葉の形や色が違うなど多種多様。自生地において低地に自生しているもとの、山岳地帯に自生しているタイプに大別されます。

栽培方法・育て方

春・秋の植物の生長するシーズンは日当たりの良い場所に置いて栽培しましょう。

夏場の日差しは植物にとって強すぎ、葉焼けの原因になるので涼しい風通しの良い明るい日陰に置くようにしましょう。

ネペンテスは湿度が高く水が豊富な場所に自生する植物。水を好む植物です。

春夏秋のシーズンは土の表面が乾いたタイミングでたっぷりと与えるようにしましょう。ただし冬場の水やりは少なめで良いです。

乾湿のメリハリをつけて水やりを行いましょう。

冬場の管理の注意点として、ネペンテスは熱帯を原産とする植物であるため10℃以下に気温が下がるような場合は室内栽培が無難。

ふやし方

ネペンテスのふやし方は挿し木が一般的な方法とされます。茎の部分をカットしておき挿し穂を作ります。

  • この記事を書いた人

Hiroshi N

仕事はネット関連。趣味は旅行と植物の栽培です。自分が興味のあることについて記事を書いています。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-ハイドロカルチャー・観葉植物

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.