ガーデン・庭園 ハイドロカルチャー・観葉植物 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

室内栽培のコツ。窓辺の植物が曲がって育ってしまったら

投稿日:

植物は日光に向かって成長する

冬場は外気温度が下がり植物にとって過酷な環境になることから、観葉植物や多肉植物を室内栽培に切り替えるのがおすすめの栽培方法です。

室内で植物を栽培する際に注意しておくポイントとして、植物は日光が当たる方向に茎を曲げて成長する性質があります。

植物が光が当たる方向に向かって生長する性質のことを<屈光性>と呼びます。

この植物の屈光性は植物の内側にある植物ホルモンの影響によって起こるといわれています。

植物は日光を受けることで成長に必要な栄養素を内部に自ら作って成長し、光の方向に葉を向けて育ちます。

窓辺の植物が曲がらないようにする

植物は一方向から光が当たるとその方向に曲がって育つため、四方からまんべんなく光を当てる必要があります。

窓辺に置いた鉢植えは定期的に鉢の向きを変えてやるのが良いでしょう。

また室内栽培の場合、薄暗い場所だとどうしても茎が曲がって成長してしまうので定期的に屋外に出して日光に当ててやるのが良いでしょう。

徒長した場合の対策

植物が間延びした姿になることを<徒長>といいます。室内栽培では日光が不足する場合がありモヤシのように細長く徒長してしまうことも。

徒長してしまった植物を立て直すことはできるのでしょうか。

適切な管理をすることで、植物の株を立て直すことはできますが、徒長した部分は元には戻りません。

姿形を整えるには徒長した部分を切り取り、新しい新芽が出やすい状態に仕立てるようにしましょう。

室内栽培の場合は風通しが良く、日当たりの良い窓際に置いて管理する必要があります。

日光不足で徒長してしまった場合は、日当たりの良い明るい場所か屋外栽培に切り替える必要があります。

植物用の電球を使う方法もある

室内栽培では日光が不足するため、植物栽培専用のライトを用いる方法もあります。

ネットでは様々なタイプの植物育成用のライトが販売されているので探してみましょう。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, ハイドロカルチャー・観葉植物, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.