ガーデン・庭園 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

園芸植物の植え替えのポイント

更新日:

鉢植えで植えている植物が大きくなってくると植え替えが必要になります。

さて植物を栽培していると植え替えを行う必要がありますが、上手に植え替えるにはどうしたら良いのでしょうか。

ホームセンターや園芸ショップで苗を購入したり、鉢植えで栽培している植物を大きめの鉢に植え替えるには注意が必要です。

上手く植え替えを行わないと植物が弱ってしまったり枯れてしまうことがあります。

植え替えを行うときは植物の根を十分に湿らせておく

植物を植え替える際は十分に水を与えて根の部分が湿っている状態で行うのが理想的です。

また植え替える土も十分に水を含ませておきます。根を乾かして植え替えを行うと植えつけた後に土になじまず弱ってしまうこともあります。

また水で湿らせていないと、根そのものの機能が失われてしまうことがあるとのこと。

枯れる原因になるので植え替える前は十分に水を与えることが重要です。

植え付け後に十分水を与えること

植え付け後の植物には十分に水を与えるようにしましょう。乾燥していると、根と用土がうまくなじまないことがあります。

植えつけた植物の根と用土を十分になじませるため、水をたっぷりと与えること。

また、根の成長には土の乾燥と湿潤の繰り返しが必要です。土がいつも湿っていると根が水を求めて成長しないため、ある程度土が乾いてから水を与えるようにします。

根をある程度ほぐして植えること

苗を植える際は、根が自然に伸びていくように、ほぐしてから植えることが一般的な植え方。

鉢植えから出した後、底の部分からある程度ほぐしてから新しい場所に移します。

しかし、根が傷みやすい植物の場合は逆効果になることがあるので注意が必要。

植えつける植物の種類や時期によって根の扱いが変わります。

一般的には冬の時期の植え替えであれば、植物が休眠しているので根をほぐしてから植え替えると良いそうです。

また、植物が活発に生育している春から秋にかけてのシーズンは根が傷むと弱ってしまうため、あまりほぐす必要はありません。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.