ガーデン・庭園 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え 果樹栽培

果樹栽培の成長サイクル

更新日:

ー苗木を植えつけてから果物が出来るまでー

果樹は苗を植えてすぐには果実の収穫ができません。

苗を植えて数年は枝葉がどんどん伸び、接木苗の場合は地植えで4~5年、コンテナで2~3年後から実をつけ始めますが、若木のうちは良い果実はなかなか出来ません。

上の年数は目安ですが、果樹の種類によってはそれ以上の年月を要するものもあります。

数年経つ頃から、果樹は幼木期から成長し成木期に入ることで、たくさん実をつけるようになります。

おいしい果実をならせるには、幼木期から早く実をつけるように、樹形作りをしていくことがポイントです。

ー良い実をならすには剪定が大事ー

果樹栽培では花と果実と枝葉の成長のバランスを取りながら、養分が果実に十分に回るように栽培することがポイント。

余分な枝葉が多いと果実に養分が回らなくなってしまいます。

良い果実をならすためには、剪定が大事。こまめに樹形を整えるようにしましょう。

ー春の成長は前年の貯蓄養分が使われるー

主に落葉果樹ですが、春の成長に使われる養分は前年の秋までに幹に蓄積しています。

この貯蔵している養分が不足すると、春先に花が咲いても果実ができないということになります。

季節ごとの果実の養分生産・蓄積のサイクルを整うように手入れすることが、おいしい果実を収穫するポイントになります。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え, 果樹栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.