プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

鉢を用意する際のポイント

更新日:

園芸を楽しむ際に、鉢植えを用いると植物を移動させることができるので管理が手軽に出来ます。

またコンクリートや敷石で覆われた場所でも鉢植えがあれば、ガーデニングを楽しめるので鉢植えでの植物栽培はとてもおすすめ。

鉢でもデザインや作りは様々なものがあるので、好みの鉢を使って庭をデザインしてみるとガーデニングをより楽しめます。

以下に鉢を選ぶ際のポイントを挙げました。

鉢の大きさが植物に合っているか

植えつける植物の大きさと鉢のサイズが合っているか確認してから植えつけるのがポイントです。

植物は成長するので、植えつける植物よりも少し大きめのサイズの鉢を選ぶのがポイント。

植えつける植物に対して小さい鉢を選ばないようにしましょう。根詰まりを起こして植物の健康に良くありません。

鉢の素材を選ぶ

植木鉢にも様々な種類のものがあります。大きくは鉢が何でできているかという素材で分類することができるでしょう。

プラスチックの鉢、素焼きの鉢、木製の鉢、ブリキの鉢などが挙げられるでしょう。

実際に購入する際の鉢選びのポイントとして、鉢の保水性、通気性、耐久性、価格を検討することになるかと思います。

プラスチックの鉢の特徴として通気性が悪い反面、保水性が良く価格も比較的安いことが挙げられるでしょう。

また素焼きや木製も鉢は通気性が良いことが挙げられます。

プラスチックの鉢は軽く扱いやすいためおすすめです。ただ通気性が悪いので、排水性に注意しましょう。

鉢に排水性があるかどうか

鉢に排水用の底穴があるか確認します。鉢の内部の水分が多すぎると、大半の植物は根腐れし、枯れてしまいます。用意した鉢の底部に穴が開いているか確認しましょう。

金属製や木製の鉢であれば、釘などを使うことで底部に穴を開けることができます。容器を裏返してかなづちやドリルで穴を開けましょう。

陶器やテラコッタやガラス製の場合は屋外の雨が掛からない場所か屋内において使用する必要があります。

排水を良くするために

植木鉢のかけらや陶器のかけら、小石や小さなタイルを底部の穴の上に置きます。こうすることで鉢の水はけを良くし、植物の根腐れを防ぐことができます。

底穴の上に5cm程度のかけらを置きその上から土をかけます。底穴の上にかけらを置かずにそのまま土をかぶせると、土が流れ出して穴をふさいでしまいます。

鉢に土を入れるときには底穴をふさがないようにし、鉢の排水性を意識し作業しましょう。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.