ハイドロカルチャー・観葉植物 多肉植物

多肉植物・ハナキリンの栽培方法と育て方

更新日:

FinjaMによるPixabayからの画像

ハナキリン

ハナキリンの原産地はマダガスカル島。ハナキリンの科名はトウダイグサ科に属する植物です。

自生地では日当たりの良い乾燥した岩場の環境で生育している植物です。ハナキリンは高さ50cm程度の高さに成長し、枝分かれして大きくなります。

ハナキリンの魅力は赤・ピンク・黄・白など、かわいらしい苞(花)を咲かせる姿でしょう。ひとめ見ると花に見えますが、実は花ではなく苞と呼ばれる葉の一部が変形したものです。

ハナキリンの苞(花)には様々なバリエーションがあります。色や大きさなどが異なるので気に入ったものを栽培するのが良いでしょう。

茎は多肉質でとげがあり、サボテンに似ている植物です。

育て方・栽培方法

日光

ハナキリンは日光を好む植物なので一年を通して日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。

またからっと乾燥した気候を好み多湿を嫌う性質があるので、風通しの良い場所に置いて栽培しましょう。

水やり

ハナキリンの水やりはサボテンと同じように与えます。ハナキリンは多肉植物なので乾燥に強く湿気に弱い性質の植物。

水やりのタイミングは鉢植えの土が乾いてから与えるようにしましょう。冬場の水やりは特に少なめに。冬場は5℃以上で管理するようにしましょう。

増やし方

鉢植えいっぱいに育ってくると植え替えが必要になります。ハナキリンが育ち植え替えが必要になったタイミングで根元から株分けするのがおすすめの増やし方。

また、古い株は根本から切ることで新芽が出て見栄えが良くなり古くなった株を立て直すことができます。ハナキリンは挿し木でもふやすことができるので剪定した際は挿し木で楽しみましょう。

  • この記事を書いた人

Hiroshi Noguchi

ネットショップの運営が本業。趣味は旅行と植物の栽培です。自分が興味のあることについて記事を書いています。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-ハイドロカルチャー・観葉植物, 多肉植物
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.