ガーデン・庭園 ハイドロカルチャー・観葉植物

シーグレープの育て方・栽培方法。インテリアとしても楽しめる観葉植物

更新日:

シーグレープ

シーグレープは自生地では海岸や砂地に生育する常緑樹です。樹高は5m程度まで生長しますが、条件が良ければ10m程度の高さまで生長するケースもあります。

シーグレープは別名ハマベブドウ、ウミブドウとも呼ばれています。科名はタデ科で原産地は熱帯アメリカを由来とする植物です。

自生地ではグレープ・ぶどうのように房状に果実をつけることで知られています。自生地では果実を食用にする地域もあります。

シーグレープには雄株と雌株の違いがありますが、観葉植物としてはどちらでも楽しめるでしょう。

大きな特徴はその見た目で、丸くつやのある大きな葉とぐるんぐるんと曲がった幹はシーグレープの魅力といえるでしょう。

インテリアとしても楽しめ、室内栽培をすると存在感がある観葉植物です。

シーグレープは丈夫で育て易く、生育が盛んで大きく成長します。栽培が楽しいおすすめの観葉植物と言えるでしょう。

栽培方法

日光

シーグレープは日光を好む植物です。日当たりの良い場所で育てましょう。

室内栽培の場合は明るい窓辺か日光が当たる場所で育てるようにしましょう。日光が足りないと株が徒長して見た目が悪くなったり葉の付きが悪くなったりします。

水やり

春・夏・秋のシーズンは表土が乾いたタイミングでたっぷりと水を与えるようにしましょう。

冬場はそれほど水やりの必要はなく控えめに。

春夏の成長が盛んで枝葉を伸ばす時期には液体肥料を2~3週間に1度程度与えると生育が良くなります。

ふやし方

シーグレープは大きく成長する植物なのである程度の大きさになったら剪定が必要になります。樹形が乱れてきたら剪定で全体の形を立て直すのがおすすめ。

また、シーグレープはさし木でも増やすことができます。剪定の際はさし木を試してみましょう。

  • この記事を書いた人

Hiroshi Noguchi

ネットショップの運営が本業。趣味は旅行と植物の栽培です。自分が興味のあることについて記事を書いています。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-ガーデン・庭園, ハイドロカルチャー・観葉植物
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.