ガーデン・庭園 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

植物にアブラムシが発生した場合の対策と駆除方法

更新日:

園芸では虫の繁殖に注意

園芸を楽しむ上で注意すべきポイントは虫がわいたり病気になったりすることです。

植物につきやすい害虫として最も多いものがアブラムシではないでしょうか。

早期の対策としてつぼみの先端部分をチェックする

アブラムシは植物のつぼみなどの先端部分に多く発生します。

最初は植物の先端部分につきますが時間が経つにつれ繁殖していき茎や葉裏へと広がっていきます。

アブラムシは群がって繁殖し植物の汁を吸い成長を阻害します。

アブラムシの繁殖の対策として初期の発見が重要です。つぼみの先端にアブラムシを発見した場合はすぐに駆除するようにしましょう。

アブラムシが発生する時期

アブラムシが発生する時期は4~11月にかけての春と秋に多く発生します。

特にアブラムシが活発になるのが3月下旬から6月頃までの春先の暖かくなるシーズンです。

夏場は暑さに弱いため活動がにぶりますが、秋口になり涼しくなると再び活発になります。

アブラムシの対策と駆除方法

浸透移行性の粒剤を使う

アブラムシの対策として根から吸収されるタイプの浸透移行性の粒剤が販売されています。

アブラムシが繁殖する前の3月頃にまいておくことで予防できます。

スプレー剤を散布する

アブラムシがすでに発生しており範囲が広い場合は、スプレータイプの薬剤を噴霧する方法があります。

これは害虫に直接薬剤をかけることで駆除する殺虫剤となります。

薬剤によっては野菜やハーブなど食して楽しむ植物の場合は使用できない場合があります。薬剤のラベルをよく読み正しく使用するようにしましょう。

アブラムシの対策は初期の発見が重要

アブラムシの活動が活発になりだす3月下旬に植物のつぼみをこまめにチェックするようにしましょう。

アブラムシの駆除は広範囲に繁殖する前に早めにやってしまうのが重要です。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.