ガーデン・庭園 ハーブ

オリーブの育て方と栽培方法・管理のしかた!実を成らせるコツ

更新日:

オリーブとは

オリーブの歴史は古い

オリーブの歴史は古く紀元前2~3世紀から栽培されていたといわれています。

スペインでは樹齢1000年を超える老木が今なお果実をつけ続けているという話があります。

オリーブの実の利用方法

オリーブと聞いてまずイメージするのはオリーブオイルや塩漬けにされたオリーブの実ではないでしょうか。

果実からはオレイン酸が豊富なオイルが取れる上に塩漬けやピクルスに加工されて食されます。

オリーブの木の特徴

オリーブは生命力が強く、やせた土地や気温の低い場所や海辺で潮風が強い場所でも栽培しやすいことが特徴。

耐寒性が強く-10℃程度でも影響なく生育するため初心者にも栽培におすすめの植物です。

オリーブの木は高さ3~5m程度になる常緑高木で庭木・観葉植物としても人気のある植物です。

葉は3~5cm程度で細長く、裏面が銀白色であることで遠くから木を眺めると銀白色に見えるのが特徴的。

育て方

場所

オリーブは日当たりが良く、風通しの良い場所で管理します。乾燥気味の環境を好むので、土壌は水はけの良いものを選びましょう。

コンテナや鉢植えで栽培する場合は水はけの良い土で。水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えましょう。

植え付け

苗の植えつけは基本的には3~4月の春に行います。温暖な場所であれば9~10月の秋植えも可能です。

剪定

オリーブの木の枝を剪定して整える作業は春が適期です。だいたい3~4月ごろ。

実の収穫

オリーブの実の収穫は黒く熟してから。9~10月ごろに。

オリーブの実を成らせるには

実を成らせたい場合、木を1本だけ植えただけでは実がなりにくいので注意が必要。

オリーブの実を結実させるには異なる品種のオリーブの木を2種類以上栽培する必要があります。

オリーブには500種類以上の品種(マンザロニ、ミッション、ネバティ・ブランコなど)があります。

異なる種類を近くに栽培すればオリーブが実をつける確率が高まります。実を成らせたい場合は木が受粉できるように近くに植えるようにしましょう。

ハーブ栽培関連の記事はこちら。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, ハーブ
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.