多肉植物

多肉植物・エケベリアを挿し木で増やす。葉挿しの方法

更新日:

エケベリアはロゼット型の整った形が美しい植物です。多肉植物の代表的な植物と言えるでしょう。

多肉植物は挿し木(葉挿し)で増やしやすい

多肉植物であるサボテンやアロエ、エケベリアなどは挿し木で手軽に増やすことができます。

他の植物の挿し木に比べて難易度が低いので初心者にもおすすめです。

挿し木に適した時期

多肉植物を挿し木で増やすのに適した時期は春から秋にかけてです。気温が低く生育が鈍る冬場は避けた方が無難でしょう。

夏場は直射日光が当たったり、高温になると枯れてしまうので風通しの良い涼しい場所を選びましょう。

挿し木の手順

多肉植物の挿し木(葉挿し)はとても簡単です。まず多肉植物の葉を切り取ります。

今回はエケベリアで葉挿しを実際に行いました。

切り取った葉は風通しの良い涼しい場所に置いておき、切り口を1~2週間程度乾燥させます。この間水を与える必要はありません。

2週間程度すると切り口から新芽が出てきます。

新芽が出始めたら土の入った鉢植えにそのままの状態で置きます。土は乾燥していると根が定着しないので若干湿らせておきましょう。

新芽が出た場所に少し土が触れる程度にして挿し葉を置くのがポイント。定着させる土はやわらかいものが良いでしょう。

葉を土の上に置いてから1~2週間程度経つと新芽から根が伸び地面に定着していきます。この間は葉を動かさないこと。

根が定着した後は通常の多肉植物と同様に管理します。

多肉植物の挿し木は成功する率が高く、増やすと楽しいので是非試してみてください。

多肉植物の記事一覧はこちら。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-多肉植物
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.