エアプランツ、ティランジア

ティランジア・エアプランツの梅雨の栽培管理の注意点

更新日:

屋外で栽培していたエアプランツが梅雨の長雨が原因で葉の根元が腐って枯れてしまいました。

根元が腐り葉が1枚1枚ぽろぽろと取れる状態です。

エアプランツの葉の根元の部分が腐ってしまった原因は、梅雨の豪雨で長時間水に濡れた状態で放置していたことが原因として考えられます。

近年の梅雨の時期は特に激しい雨がふります。梅雨や雨季は、エアプランツに長時間水がかかった状態になるのでこの時期は管理に注意しましょう。

エアプランツはやはり水の管理が難しい植物です。

エアプランツは水の与えすぎで枯れてしまう

エアプランツ・ティランジアは水を多く与えすぎると枯れてしまうので注意が必要です。

葉の付け根の部分に水がたまった状態が長時間続くと、付け根の部分が腐ってしまい気付くと手遅れで葉がばらばらに取れてしまうこともあります。

葉の付け根が腐った状態になってしまうと、ここからの建て直しはほぼ不可能に近いので水の管理には注意しましょう。

エアプランツの水の与え方→水やりは週2回霧吹きで

意外と難しい梅雨の時期の屋外栽培

近年の梅雨は雨量がとても多くときに激しい豪雨になることもあります。

軒下において雨水がかからないようにしていた植物が豪雨によって知らない間にびしょ濡れになっていたなんていうこともあります。

この度枯れてしまったエアプランツも軒下で管理していましたが、雨が激しかったために水浸しになり枯れてしまいました。

屋外でエアプランツを栽培する場合は、雨水がかからない場所に置くことが必須ですが豪雨が降ると知らない間に水浸しになることも。

このことから屋外で栽培している場合は、梅雨の時期や台風のシーズンなどはエアプランツを室内の栽培へと切り替えることがおすすめです。

梅雨の時期は屋内栽培がおすすめ

梅雨の長雨や豪雨、台風などで長時間雨にさらされるとエアプランツが弱って枯れてしまいます。

このシーズンは屋外で栽培されているものは室内に移動して、室内栽培へと切り替えるのがおすすめの対処方法です。

エアプランツ・ティランジアは移動させるのが楽なので、シーズンに応じて適した場所で管理するのが植物を健康に保つコツでしょう。

エアプランツに関する記事一覧はこちら。

天然植物活力液「HB-101」を使用すると、
育たなかった果実、枯れてしまった花の数が減り、収穫率がアップ。
栽培のコストパフォーマンスが上がり、
生産者としての喜びもアップします。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-エアプランツ、ティランジア
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.