苔テラリウム・苔グラス・苔栽培

スナゴケの栽培と育て方のポイント(ガラス瓶で栽培するテラリウム)

更新日:

今回スナゴケを入手したので、ガラスのジャム瓶で簡単なコケリウムを作ったので紹介します。

スナゴケはコケリウムでは良く用いられる種類の苔ではないでしょうか。こちらで使うスナゴケはコケを扱っている園芸ショップで購入しました。

スナゴケの群生

スナゴケの特徴

スナゴケは北海道から九州まで日本全国に自生していると言われている種類のコケです。

見た目は直立しているので、高さのある状態で群生しています。色は明るい緑または黄緑色をしているのが特徴です。明るい色味なので見栄えが良い印象があります。

コケの大きさは約3cm程度です。

スナゴケ1株の長さ

日照条件ですがスナゴケは比較的明るい場所を好むため、直射日光の当たらない明るい木陰などを好んで自生していることが多いようです。

スナゴケは乾燥に比較的強いという特徴があります。コケの中では比較的栽培が容易な種類といえます。

スナゴケという名前の由来は、砂地に大きな群生を作って生育することから来ています。

ジャム瓶でコケリウムを作る

ガラスのジャム瓶でスナゴケの栽培容器を作りました。

用意したガラス瓶はフタのついた普通のジャム瓶です。

コケリウムに使うジャム瓶

ジャム瓶は中身が良く見えるように透明度の高いものを選ぶようにしましょう。透明度が高いと中に入れたコケが映えます。

フタ付きの容器は中の湿度が保たれるため、水やりの頻度が少なくてすむので管理が楽になります。

次にジャム瓶にソイルを入れていきます。

ソイルを入れた。

ベースができたので、主役のスナゴケを容器に入れていきます。

ガラス容器にスナゴケを入れる

レイアウトを整えて霧吹きで十分に水を与えて完成。

ジャム瓶を用いたスナゴケのテラリウム

おしゃれなインテリアとして飾っておくと、コケの栽培をより楽しめます。簡単なので是非試してみてください。

スナゴケの栽培・管理方法

スナゴケは日照に強い種類のコケなので、多少は日光が当たる場所でも管理できます。

明るい場所を好む種類なので、カーテンのある明るい窓越しなどで栽培するのがおすすめです。

また湿度についても乾燥に比較的強いと言われています。ただしコケ自体は水を好む植物ですので、水切れしないようにこまめに霧吹きで水を与えるようにします。

日光に強い種類のコケですが、夏場の強い直射日光が当たらないように管理しましょう。

コケ栽培関連の他の記事はこちら。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-苔テラリウム・苔グラス・苔栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.