苔テラリウム・苔グラス・苔栽培

スナゴケの栽培と育て方のポイント(ガラス瓶で栽培するテラリウム)

更新日:

今回スナゴケを入手したので、ガラスのジャム瓶で簡単なコケリウムを作ったので紹介します。

スナゴケはコケリウムでは良く用いられる種類の苔ではないでしょうか。こちらで使うスナゴケはコケを扱っている園芸ショップで購入しました。

スナゴケの群生

スナゴケの特徴

スナゴケは北海道から九州まで日本全国に自生していると言われている種類のコケです。

見た目は直立しているので、高さのある状態で群生しています。色は明るい緑または黄緑色をしているのが特徴です。明るい色味なので見栄えが良い印象があります。

コケの大きさは約3cm程度です。

スナゴケ1株の長さ

日照条件ですがスナゴケは比較的明るい場所を好むため、直射日光の当たらない明るい木陰などを好んで自生していることが多いようです。

スナゴケは乾燥に比較的強いという特徴があります。コケの中では比較的栽培が容易な種類といえます。

スナゴケという名前の由来は、砂地に大きな群生を作って生育することから来ています。

ジャム瓶でコケリウムを作る

ガラスのジャム瓶でスナゴケの栽培容器を作りました。

用意したガラス瓶はフタのついた普通のジャム瓶です。

コケリウムに使うジャム瓶

ジャム瓶は中身が良く見えるように透明度の高いものを選ぶようにしましょう。透明度が高いと中に入れたコケが映えます。

フタ付きの容器は中の湿度が保たれるため、水やりの頻度が少なくてすむので管理が楽になります。

次にジャム瓶にソイルを入れていきます。

ソイルを入れた。

ベースができたので、主役のスナゴケを容器に入れていきます。

ガラス容器にスナゴケを入れる

レイアウトを整えて霧吹きで十分に水を与えて完成。

ジャム瓶を用いたスナゴケのテラリウム

おしゃれなインテリアとして飾っておくと、コケの栽培をより楽しめます。簡単なので是非試してみてください。

スナゴケの栽培・管理方法

スナゴケは日照に強い種類のコケなので、多少は日光が当たる場所でも管理できます。

明るい場所を好む種類なので、カーテンのある明るい窓越しなどで栽培するのがおすすめです。

また湿度についても乾燥に比較的強いと言われています。ただしコケ自体は水を好む植物ですので、水切れしないようにこまめに霧吹きで水を与えるようにします。

日光に強い種類のコケですが、夏場の強い直射日光が当たらないように管理しましょう。

コケ栽培関連の他の記事はこちら。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-苔テラリウム・苔グラス・苔栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.