ガーデン・庭園 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え 多肉植物 山野草 果樹栽培

種を発芽させるための3つのポイント

更新日:

ここでは種まきをする上で重要なポイントを紹介します。

種まきをしたのに植物の芽が出てこないという経験は無かったでしょうか。

そんなときは 種を発芽させるための3つの条件 をおさえることが重要です。

園芸植物の入手方法として、苗を購入する方法または種を入手する方法の2つがあります。

種から育てるには、その植物に適した環境条件を作ることが重要で、種が発芽する条件も異なります。

種を発芽させるための3つの条件は温度水分酸素が重要

種を発芽させるためには、温度水分酸素が重要な環境要素となります。

種には発芽する温度が決まっており、季節の中で発芽する時期が決まっています。自生している植物が自然の中で発芽する温度がその植物の発芽適温となります。

暖かい地域で育つ植物は暖かい温度が発芽する適した温度であり、寒い地域で育つ植物は比較的低い温度が発芽に適した温度になります。

水分については、種の発芽に水分は欠かせない条件です。マメ科などのタネの皮が硬い植物は水が浸透しない場合があります。

この場合、皮をヤスリで少し削ったり、傷をつけるなどして水分が中に入っていくようにする必要があります。

酸素については、発芽に必要不可欠な要素であり、タネに酸素が触れていないと発芽しません。

このため、タネが水浸しで空気に触れていない状態では芽が出ないため注意しましょう。

多く水を与えたい気持ちになりますが、種を水浸しにしてしまうと発芽を妨げてしまいます。

種まき後は水やりをしますが、種は空気に触れている状態で適度に湿らせるようにしましょう。

また発芽にはが重要とも言われており、種を蒔いた後に土をかぶせて日光が当たらない状態であると発芽を妨げてしまいます。

種をまいた際は土をかぶせないように注意しましょう。

植える植物の種類によって発芽の条件は異なります。それぞれの植物に適した環境で管理することが重要です。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え, 多肉植物, 山野草, 果樹栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.