フェイクグリーン造花のショップ

ショップではフェイクグリーン・造花を多数取り揃えています。

ショップはこちら。

ハーブ

セントジョーンズワートの栽培方法・育て方!

更新日:

セントジョーンズワート

学名:Hypericum perforatum L.

セントジョーンズワートは別名セイヨウオトギリソウとも呼ばれる古くからハーブとして用いられてきた植物です。

原産地はヨーロッパ、アジア西部、アフリカ東部などの地域。地中海地域に自生しており、からっとした湿度の低い環境を好む植物です。

日本では仲間のオトギリソウが自生しています。

セントジョーンズワートの歴史は古く、キリスト教と深い関わりがあります。

セントジョーンズとはキリスト教の洗礼者聖ヨハネのこと。聖ヨハネの誕生日とされる6月24日ごろに黄色い花を咲かせることから、この名前がついています。

高さ80cm程度まで生長する多年草で夏にはレモンの芳香に似た黄色い花を咲かせます。

セントジョーンズワートはハーブティーとしても利用でき、その香りは不安を和らげる効果があるとされています。

栽培方法

セントジョーンズワートは生育が盛んで枯れにくく栽培し易い植物です。

日光を好む植物なので日当たりの良い場所または半日陰の場所で栽培しましょう。

水やりについては、生育が盛んな春、夏、秋のシーズンは表土が乾いたタイミングでたっぷりと水を与えるようにしましょう。

冬場はそれほど水やりの必要はありません。土が乾燥しないように植物の状態を見ながら水やりを行いましょう。

セントジョーンズワートは寒さに強く耐寒性がある植物。冬場も屋外で問題なく栽培できます。

ふやし方

セントジョーンズワートは地下茎で広がる性質があり、株分けでふやすのがおすすめ。

また実生(種まき)でもふやすことができます。

栽培が苦手な人はフェイクグリーンがおすすめ

水やりを忘れてしまったり冬場に温度管理が上手くできないなど、植物の栽培は苦手だけど身の回りにグリーンが欲しいという人は多いはず。

高価な植物を枯らせてしまうということもよくあります。

そこでおすすめなのがフェイクグリーンです。

最近では見た目が本物そっくりで質感の良いものが多いので、インテリアの一部として飾ってみると良いでしょう。

窓辺に飾ると目隠しとして使えるものもあります。

  • この記事を書いた人

Hiroshi N

趣味は旅行と植物の栽培です。自分が興味のあることについて記事を書いています。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-ハーブ

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.