ガーデン・庭園 ハイドロカルチャー・観葉植物

紫色の葉が美しい観葉植物・ギヌラの栽培方法と育て方

投稿日:

ギヌラ

ギヌラの一番の特徴は紫色をしたその見た目でしょう。葉は濃緑色ですが表面に紫紅色の産毛を生やしているため、光沢のある紫色に見えます。

ギヌラの別名はツルビロードサンシチまたは、ベルベット・ツリーと呼ばれています。科名はキク科でジャワ島を原産とする植物です。

園芸品種の”パープル・パッション”は紫紅色の軟毛が密集してビロードのような美しい質感がある植物でガーデニングなどの寄せ植えにも最適な観葉植物です。

”パープル・パッション” は半つる性でほふくして地面に広がるように生育します。このことから鉢植えの他に、吊り鉢仕立てにして楽しむことができます。

鉢植えで観葉として楽しんだり、ガーデニングの植え込みに植えてアクセントとして楽しむことができる植物です。

育て方・栽培方法

日光

ギヌラは日光を好む植物なので日当たりの良い場所で育てましょう。室内栽培の場合は日当たりの良い窓辺に鉢植えを置くようにしましょう。

ただし日射が強くなりすぎる真夏は、葉やけを起こすことがあるので半日陰の風通しの良い場所で管理するようにしましょう。

水やり

春から秋にかけての植物の生育が盛んな時期は、鉢植えの表土が乾いたタイミングでたっぷりと水を与えるようにしましょう。

冬場はそれほど水を与える必要はなくやや乾燥気味にしますが、植物の状態を見て適宜水やりを行います。

ふやし方

ギヌラは栽培してから2~3年経過すると全体の樹形が悪くなってきます。植物の見た目が悪くなってきたら枝葉を刈り込み仕立て直すと良いでしょう。

ギヌラはさし芽でふやすことができます。枝葉を刈り込んだ際はさし芽として再生させると良いでしょう。

  • この記事を書いた人

Hiroshi Noguchi

ネットショップの運営が本業。趣味は旅行と植物の栽培です。自分が興味のあることについて記事を書いています。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-ガーデン・庭園, ハイドロカルチャー・観葉植物

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.