ガーデン・庭園 さし木

園芸植物のおすすめのふやし方!とり木の方法

投稿日:

とり木とは

植物を増やす方法は主に2つの方法に大別されます。1つは種で増やす実生生殖。もう1つは葉や枝、茎などの植物の一部からふやす栄養繁殖です。

とり木とは増やしたい植物の幹や枝などの一部に傷をつけて、そこから根を出させる方法です。

基本的な考え方はさし木と同様です。さし木の場合は先に親木から切り取った一部から発根させるのに対して、とり木は親木にくっつけたまま発根させてから苗を作ります。

とり木は親木にくっつけたまま発根させるのでさし木よりも失敗の少ない方法といえるでしょう。

とり木のメリット

とり木は植物を増やす方法としていくつかのメリットがあります。

とり木は失敗が少ない

親木にくっつけたまま発根させるため失敗が少ないのが特徴。発根した後に切り取って植えつければ、葉が付いたままなので安定した状態で栽培できるでしょう。

花や実を短期間で楽しむことができる

さし木では若い部分の枝が主となりますが、とり木の場合は年数の経過した太い枝からでも増やすことが可能です。花や実を短期間で楽しむことができます。

とり木の方法

園芸植物を手軽に増やすことができるとり木ですがいくつかやり方があります。

高とり法

増やしたい親木の表皮をナイフなどでむいてその部分を湿らせた水ごけで巻いた後、ビニールなどで包み発根させる方法です。

親木の切り込みは内側の木質部分が出てくるまでカットして表皮をむくのがポイントです。

圧条法・曲げどり法

若い枝を地中に誘引して発根させる方法です。とり木部分は発根を促すため表皮をむいておきます。

盛り土法

盛り土法は株立ちのものやひこばえが伸びているものなど、根元の近くに余分に土を盛っておき発根したら掘り上げる方法です。

土を盛る部分の表皮をむいておくか針金を巻いておくと発根しやすくなります。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, さし木

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.