ガーデン・庭園 さし木

ナンテンの木を増やす!さし木の方法と栽培方法

投稿日:

ナンテン(南天)

ナンテンは高さが1~3m程度の常緑低木で庭木としては一般的な植物です。ナンテンは縁起の良い木として昔から栽培されてきました。ナンテンの苗はネットなどでも販売されています。

6月頃に小さな白い花をかたまりでつけた後、11月から2月頃まで赤い実をつけます。

日当たりが良く風通しの良い場所が栽培に適した条件ですが、ナンテンは日陰でも育て易いという特徴があります。日陰でも明るい場所であれば健康な状態で栽培できるでしょう。

ナンテンの3つのふやし方

実生でふやす

ナンテンは11月から2月ごろまでに真っ赤な実をつけます。実を収穫して種子を土にまいて植物を増やす方法を実生といいます。

種をまく適期は11月から2月ごろまでの冬場になります。

さし木でふやす

ナンテンはさし木でふやすことができます。2~3月の春ざしと、6~9月の夏ざしがあります。さし木の枝には充実した部分を切り取って挿し穂にしましょう。

株分けでふやす

ナンテンの木が大きくなったら根元を掘り起こして株分けで増やす方法があります。

さし木の方法

さし木のシーズンは春ざしの2~3月と夏ざしの6~9月が適期です。春ざしには前年に伸びた枝か2~3年枝を用います。また夏ざしの場合は新梢を用います。

枝の健康な部分を長さ15cm程度にカットして挿し穂とします。土に挿す前に水に入れておき十分に吸水させます。

水から取り出し切り口に発根促進剤をうすく塗った後、土にさしていきます。発根促進剤はさし木を成功させるコツです。

順調にいけば1~2ヶ月程度で発根するでしょう。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, さし木

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.