ガーデン・庭園 さし木

さし木の方法。アイビーの増やし方

投稿日:

アイビーについて

アイビーは庭木として一般的で普段から見かけることが多い植物です。育て易く管理も簡単なので街の植え込みなどによく植えられています。

見た目は軽やかな印象で戸外ではグランドカバーにしたり、寄せ植えのアクセントにしたり様々に活用できるのが魅力です。

アイビーはツタ植物なので生垣や壁面を這わせて壁面を緑化するなどの楽しみ方もできる植物です。

アイビーはツタを意味し、葉の形や大きさなど異なる様々な品種があります。

そんななじみのあるアイビーですが、さし木で増やすことができます。

さし木は失敗することが多く上手にするにはいくつかコツがあります。

さし木の方法

アイビーのさし木を行う適期は5~6月と9~10月の1年に2回で春ざしと秋ざしがあります。さし穂として使う部分は先端の柔らかい部分は避けた方が無難。枝の充実した部分を使いましょう。

さし穂として使う枝は、ある程度太さのある部分を15cm程度の長さに切ります。下葉を取り除いて先の葉を数枚残してさし穂とします。

さし穂の切り口は良く切れるはさみやナイフで斜めにカットしましょう。

カットしたさし穂は水につけておいて十分水を与えます。

用土にさす前に発根促進剤を切り口に薄くつけておきます。用土に挿す際は前もって棒などで穴を空けておきましょう。用土は鹿沼土の細粒を用いました。

用土にさし穂を挿して直射日光の当たらない明るい場所に置いて管理します。

さし木の用土は新しい清潔なものを使う

用土は水はけと通気性の良いものを選ぶようにしましょう。古い用土は雑菌やカビが含まれていることがあるので避けた方が無難です。

鹿沼土の細粒は水はけが良く通気性も良いのでさし木を行うにはおすすめの用土です。

発根するまで

さし木が発根するには湿度の管理が重要です。湿度を保つためにビニール袋をかぶせて鉢の湿度を高く保つようにします。

さし木の鉢は直射日光の当たらない明るい場所で管理するようにしましょう。さし木が成功すれば1~2ヶ月程度で根がでてきます。

発根後のアイビーの育て方

アイビーは日当たりが良く風通しの良い場所で栽培しましょう。真夏は直射日光が当たらない明るい場所で管理します。

その後生長した場合、アイビーは生育が旺盛なので春や秋には刈り込んで樹形を整えましょう。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, さし木

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.