エアプランツ、ティランジア

エアプランツが好む光の環境と管理方法・日光の当て方・夏場の日射に注意

更新日:

エアプランツ栽培で重要な要素となるのが日射です。

エアプランツはアメリカ大陸原産の植物であるため、強い日射を好むようなイメージがありますがこれは間違い。

エアプランツはやわらかな日光を好む

エアプランツは木漏れ日のようなやわらかな日射を好みます。

これは自生している環境が樹木に着生したり、岩に着生していたりするため直接強い日光を浴びないためです。

エアプランツ・ティランジア栽培の日射のポイントは木漏れ日程度の、やわらかい日光を当ててやることです。

夏場の日射に注意する

日射環境で特に注意したいのが夏場の日射です。

日本の真夏の太陽の照りつけはエアプランツにとって良くない環境ですので、直射日光が当たらないような場所で管理します。

長い時間エアプランツに直射日光を当て続けると、葉やけを起こしたり枯れてしまったりするので注意が必要です。

園芸用の遮光ネットなどが販売されているので、日陰を人工的に作り出して植物が好む涼しい環境を作ると良いのではないでしょうか。

またエアプランツを置いておく場所について、風通しも重要な要素です。風通しが悪いと植物に熱がこもってしまいます。

夏場は風通しの良い場所に置いて管理することをこころがけましょう。

冬場については、日射自体が弱いため直射日光に当てても問題ありません。冬は窓辺や日光の当たる明るい場所で管理します。

エアプランツ栽培の日光のポイント

エアプランツの日射環境のポイントを以下にまとめます。

1.エアプランツは木漏れ日程度のやわらかい光を好むので冬場以外は直射日光が長時間当たるような場所に置かない。

2.夏場は直射日光に当てず、風通しの良い涼しい場所で管理すること。遮光ネットなどを使い、日陰を作り出すと適切な環境ができる。

エアプランツが直射日光をあまり好まないというのは、意外な感じがしますね。植物なので日射は重要な要素。適切に管理しエアプランツ栽培を楽しみましょう。

エアプランツに関する記事一覧はこちら。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-エアプランツ、ティランジア
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.