エアプランツ、ティランジア

エアプランツ・ティランジアの温度管理と栽培方法

更新日:

エアプランツは水を与えないで育つようなイメージがありますが、水やりは必須です。水やりを怠ると植物を枯らせてしまうので要注意。

エアプランツの水やりは週に2~3回程度が目安です。霧吹きで植物の表面が十分に濡れる程度吹きかけます。

エアプランツ栽培において最も重要なポイントは水やりですが、その他にも重要なポイントがあります。

日光に当てる際の注意点

エアプランツは熱帯の植物であることから、直射日光に強いイメージがありますが、カーテン越しのやわらかな日差しを好みます。

直射日光の当たる場所に置いておくと、葉やけを起こして傷ついてしまうので注意が必要です。

エアプランツが直射日光に弱いというのは、少し意外な感じがしますね。

夏場の直射日光は特に注意すること。エアプランツに水を与えた状態で高温の状況で日光に当てると蒸れを起こして枯れてしまいます。

ただし、日光が当たらないような場所に置いておくと植物が弱りますのでカーテン越しの窓際に置くなどして適度に日光が当たるようにします。

エアプランツの温度管理について

エアプランツのほとんどの種類は日中の温度が20~30℃、夜間の温度が10℃程度の温度環境を好みます。

夏場は35℃を超えるような環境では植物が弱ってしまうので、風通しの良い涼しい場所に置くようにします。

また冬場はエアプランツの種類にもよりますが、5℃程度までは寒い環境でも耐えることができるとのこと。この場合水やりは控えるようにして管理します。

冬場は日光の良く当たる明るい窓辺などにおいて管理するようにしましょう。

エアプランツは一度弱ってしまうと立て直すのが難しく、そのまま枯れてしまうことが多いのでこまめに健康状態をチェックして管理しましょう。

エアプランツに関する記事一覧はこちら。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-エアプランツ、ティランジア
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.