山野草

山野草栽培のおすすめの用土

投稿日:

野や山の自然に近い環境を好む山野草。栽培する山野草の種類に適した用土を使い分けると良いでしょう。

また植物の種類に応じて、いくつかの種類の用土を混ぜて用いるのがおすすめです。

1.赤玉土

赤玉土は肥料もちが良く、通気性や排水性に優れる用土です。園芸全般に用いられる用土で低地に生える野草の植え付けに向いています。

2.硬質鹿沼土

鹿沼土は園芸全般に用いられる用土。通気性や保水性に優れ、高山性の品種や湿度の高い場所を好む品種に向く。

3.軽石砂

軽石砂は堆積する火山灰を粉砕した用土です。排水性が良いため、他の用土と混ぜて使うと良いでしょう。

4.腐葉土

腐葉土は落ち葉などを発酵分解させた有機質用土です。低地の野草の栽培に用いると良いでしょう。

5.ケト土

ケト土は苔玉の用土として用います。また石付け用の用土にしたり、寄せ植えをする際にコケを張る下地に使います。

6.ミズゴケ

ミズゴケは乾燥したものを着生ランなどの植え付けに使います。またミズゴケがそのままの状態では塊になっているため、粉砕したものや粉状に細かくしたものを用土に配合して使います。

栽培用の土は基本は配合ありき

植える植物の性質によってこれらの用土を配合して使い分けるのがおすすめです。

山野草は大きくは高山で育つタイプ、低地で生育する野草のタイプ、水辺で生育するタイプなどに分類できます。

高山性の品種は水はけや通気性が良い軽石などを多く配合した土が良いでしょう。

低地の野草は、赤玉土や腐葉土などを配合した土で一般的な園芸用の土壌で良いのではないでしょうか。

水辺や湿地で成長する品種の場合は、土壌に保水性があった方が良いので、保水性のある土を選びましょう。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-山野草
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.