さし木 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

イチョウをさし木で増やす

更新日:

さし木は植物を最も簡単に増やすことのできる方法です。植物の枝の一部や芽を土に挿すことで苗を増やすことができます。さし木関連の記事はこちら。

発根促進剤を使うと植物の定着が良くなります。

イチョウは秋になると鮮やかな黄色い葉になり、秋の紅葉を彩る代表的な植物です。中国原産であり日本には遣唐使が伝えたものとされています。

雌雄異株(雄株と雌花株異なる)で4月頃に雄株は淡く黄色い雄花を咲かせます。

雌株は秋になると多肉質で黄色い悪臭のある実をつけます。イチョウの実の種子はギンナンと呼ばれ一般的に食されています。

イチョウのさし木

イチョウは季節によりさし木に適した時期があります。まず3~4月の春ざしです。また6~7月頃の夏ざしが良い時期とされています。

イチョウの種子はギンナンとして食べられています。実がよくなる品種の雌株をさし木するのが良いでしょう。

さし穂にする枝。イチョウの若い部分から採取した。

さし木には一般的に若い枝を使うのが良いとされています。春ざしには前年に伸びた部分、夏ざしや秋ざしには今年の春に伸びた新しく若い枝。

今回さし木に使う枝も、イチョウの木で若く充実している今年の春に伸びたであろう部分を取ってきました。

尚イチョウは強い品種です。さし木で発根しやすくかなり太い枝でも比較的、発根しやすいとのことです。

採取してきた枝の葉を落として15~20cm程度の長さに切りさし穂にしました。

葉を切り落として15~20cm程度の長さにカットした。

鉢にさし穂を植えつけた後、十分に水を与えて明るい日陰(長時間直射日光にあたらない場所)におきます。

植えつけた鉢。2~3週間で根が出てくる。

半月程度で発根し、芽が出てきたら日当たりの良い場所へ移しましょう。

挿し木を成功させるポイント

関連記事:さし木が枯れる場合は要チェック!失敗率が高いさし木を成功させるポイント

挿し木を上手く発根させて定着させる方法として発根促進剤を使う方法があります。

発根促進剤はアマゾンなどネットで購入できます。

根が出て植物が定着する確率が上がるので挿し木を楽しむのであれば是非使ってみましょう。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-さし木, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.