ガーデン・庭園 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

バラ栽培のおすすめ用土

更新日:

植物栽培の用土は苗や根の状態に合わせて適した用土が異なります。植物に応じて用土を変えるのが上手な栽培方法です。

バラに適した用土とは

バラ栽培では赤玉土や鹿沼土を基本の用土として用いるのが一般的です。

赤玉土や鹿沼土をメインにしてピートモスやパーライト、もみ殻くん炭、腐葉土などをブレンドして用土を作るとバラに適した用土となります。

赤玉土を6~7割として、ピートモス、パーライト、もみ殻くん炭を各1割程度で配合するのが目安です。

赤玉土

赤玉を乾燥させた用土で排水性、通気性が良いのが特徴です。粒の大きさで違いがあるので、小さい鉢の場合は小粒を使い、大きな鉢の場合は大粒を使い分けるようにします。

ピートモス

ミズゴケなどの有機物が堆積することでできた土で通気性が良く保水性があるのが特徴。性質としては腐葉土に近い。

パーライト

火山灰の一種を焼いて多孔質状にした土で排水性と通気性が良いことが特徴。

くん炭

もみ殻を炭状にしたもので通気性が良いのが特徴。保温材としても利用できます。

特に鉢植えでバラ栽培を行う場合は上記を目安に用土を作りましょう。

庭土を用土とする場合の注意点

庭植えの場合は庭土を基本の用土として肥料を混ぜて用土とします。

庭土を用土として用いる場合チェックしておきたいポイントは栽培に適した状態であるかどうか。

用土が古い土で固まっているような状態でないことを確認しましょう。

良い土は空気と水と土の粒子がバランスよく含まれていることがポイントとなります。

土が古く固くなっている状態の場合は新しいものに替えるのが良いでしょう。

手軽さではバラの専用土がおすすめ

用土のブレンドはどちらかといえば上級者向けと言えるでしょう。もっと手軽にバラに適した用土を扱いたい場合は市販のバラの専用土を使うのがおすすめ。

ネットでも手軽に購入できます。バラに適した用土がバランス良く配合されています。

ブレンドが面倒だと思ったらバラ専用の用土を試してみましょう。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-ガーデン・庭園, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.