日本の文様

友禅・着物の柄に用いられる日本の文様。梅と日本の関係とは

投稿日:

日本における梅の歴史は古い

日本では梅の木は1500年も前から栽培されてきました。梅は非常に日本の文化・歴史と結びつきが強い植物です。

菅原道真を祀っている太宰府天満宮や北野天満宮の神社を象徴する神紋は梅の紋が用いられています。

一般的な食品としての梅

日本では梅は一般的な食品として食されています。

梅干やジャム、梅酒、梅シロップなど果実が広く食品として利用されており、庭木としても人気の高い果樹です。

梅の花は人気のある模様

梅の花は冬の終わりの2月ごろから開花を始めます。

寒い中から花をつけるその清らかな姿は愛され、日本では古来から着物など様々なものに用いられてきました。

寒い中でも美しい花を咲かせるその姿から松竹と共に<歳実三友>と呼ばれ吉祥文様の1つとして扱われています。

現在においても梅の柄は着物や友禅に多く用いられています。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-日本の文様

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.