ガーデン・庭園 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え 果樹栽培

果樹に適した環境づくり

更新日:

果樹を庭に植えつける前に、それぞれの品種に適した環境を把握することがとても大切。

植えつける果樹の種類によって日光の条件や土壌の適不適が異なるため、植えようとしている植物がどのような条件を好むのか事前にチェックしておきましょう。

日当たりと風通しが良い場所がおすすめ

庭に植えつけたり、鉢やプランターを置く場所は風通しがよく日光が良く当たる場所を選ぶことが果樹栽培のポイント。

日当たりが悪いと木々が元気に生長しません。

とくに午前中の日射が植物に重要とされています。これは植物の光合成が午前中に盛んに行われるため。

午前中良く日光が当たる場所が果樹栽培には適しています。

落葉樹は良く日が当たる場所に置く

落葉樹は葉の付いている春から秋にかけて日光を多く浴びる必要があるため、1日の半分以上日光が当たる場所に置くのが理想的です。

常緑樹も日当たりの良い場所を好みますが、落葉樹に比べると日当たりがそれほど良くなくても育つと言えるでしょう。

日陰に弱い果樹:リンゴ、栗、モモ、ナシなど

日陰にそれほど弱くない果樹:カキ、イチジク、キウイフルーツ、アケビなど

植えつける土壌も重要です。ほとんどの果樹は水はけの良い土壌を好みます。水はけの悪い土壌についても弱い品種と強い品種があります。

水はけの良さを必要とする果樹:イチジク、モモ、ウメ、スモモ、キウイフルーツなど

果樹栽培において果樹に水をやる頻度や植えつける場所の湿度も重要になります。水場の近くの湿度の高い場所や乾燥した場所、水やりの頻度等の土壌の水分に関して種類によって向き不向きがあります。

乾燥に強い種類:モモ、スモモ、ぶどう、栗、オリーブ、かんきつ類など

乾燥に弱い種類:リンゴ、ナシ、カキ、ブルーベリー、キウイフルーツなど

植えつける果樹の種類によって向き不向きがあるので、適した環境を作ることが大切です。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-ガーデン・庭園, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え, 果樹栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.