ハーブ

香りを楽しめるおすすめのハーブ!レモングラスの栽培方法と育て方

2022/6/23

レモングラス レモングラスの学名は、Cymbopogon citratus(DC.)stapfで別名レモンガヤと呼ばれるインドを原産地とするハーブです。 レモングラスという名の通り葉を摘むとレモンの爽やかな芳香が1番の特徴。 エスニック料理には欠かせないハーブの代表で、虫よけの効果もあります。レモングラスは原産地インドでは古くから感染症や病気の薬草として用いられてきました。 自生地が熱帯気候に属する暖かい場所に由来する植物であるため、冬場の寒さに弱いので注意が必要。 高さは1m程度まで成長する非耐寒性の多 ...

ReadMore

ハーブ

手軽に園芸を楽しめるハーブ!マロウの育て方と栽培方法

2022/6/14

マロウの基本情報 マロウは別名ウスベニアオイと呼ばれ、学名はMalva sylvestrisL.とされるハーブです。 原産地はヨーロッパであるため、地中海性気候のからっとした気候を好む植物です。 マロウは高さが1~2m程度のまで成長する、大きな多年草です。 マロウの大きな特徴は鮮やかな存在感のある花をつけること。コモンマロウは初夏に直径8cm程度の赤紫色の美しい花を咲かせます。 マロウにはいくつかの異なる品種があり、一般的にはコモンマロウのことを言います。コモンマロウ以外にも異なる種類としてマシュマロの原 ...

ReadMore

ガーデン・庭園 ハイドロカルチャー・観葉植物

インテリアグリーン・観葉植物・ドラセナの栽培方法と育て方

2022/1/8

ドラセナ ドラセナは科名をリュウケツジュ科とする観葉植物でアフリカやアジアの熱帯地域に自生しています。 観葉植物として出回っているものは様々な品種があります。 黄色や白色の班入りのものや紅の縞が入ったタイプなどあり、葉の色でも様々なバリエーションがあります。 大きさについても10mを超えて生育する大型の種類から、コンパクトに楽しむことができる小型の品種などがあり栽培のスペースに適したものを選びましょう。 自生地では湿潤な場所でやわらかい日差しが当たるような環境で育っていることで知られる植物です。 ドラセナ ...

ReadMore

ガーデン・庭園 ハイドロカルチャー・観葉植物

ベゴニアの栽培方法・育て方・育て易い観葉植物

2022/1/8

ベゴニア ベゴニアは観葉植物として広く流通しており人気の園芸植物の1つ。科名はシュウカイドウ科の植物です。 ベゴニアはオーストラリアを除く熱帯地域に広く自生しており、姿形が異なる様々な品種があります。 種類は非常に多く園芸用の品種においても、葉の形や花の美しい品種など様々で多くの違いがあります。 園芸用として楽しまれるのは、根茎性と木立ち性のタイプになります。 根茎性のタイプは茎が太くほふくして横に広がって生育する性質があります。 木立ち性は茎がまっすぐに伸びる品種のものをいいます。ある程度の高さがあるの ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

ワイヤープランツの育て方と栽培方法

2022/1/8

ワイヤープランツ ワイヤープランツは細い針金のような茎に丸い葉がたくさん付いた姿が魅力的な観葉植物です。 ワイヤープランツの科名はタデ科で、ニュージーランドを原産地としています。生育が盛んで育て易いことが特徴。 細い茎が横に広がって育ち、茎がしだれるようになるため吊り鉢でも楽しむことができます。 ワイヤープランツは日当たりの良い場所を好み地面をほふくするように広がって育つ特徴があります。 栽培方法・育て方 日光 日光を好む性質なので、一年を通して日当たりの良い場所で栽培しましょう。 ワイヤープランツは室内 ...

ReadMore

ガーデン・庭園 ハイドロカルチャー・観葉植物

大きく育つ観葉植物!エバーフレッシュの育て方と栽培方法

2021/11/7

エバーフレッシュ エバーフレッシュは熱帯アジアを原産地とするマメ科の植物で、観葉植物としても近年ポピュラーになってきている品種です。別名はアカサヤネムノキとも言います。 自生地では日射の良く当たる湿潤な場所で生育します。 エバーフレッシュは成長が早く、大きめの鉢植えで栽培すると大ぶりに育つ特徴があり、広いスペースで観葉植物を楽しみたい場合はおすすめの品種といえるでしょう。 エバーフレッシュの別名はアカサヤネムノキと呼ばれており、ネムの木の仲間です。 ネムの木は夕方になると、葉を閉じる性質があり、エバーフレ ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え

栽培が容易な観葉植物!オリヅルランの育て方と栽培方法

2022/1/8

オリヅルラン オリヅルランは南アフリカや西アフリカ地域を原産地とするユリ科の植物です。生育が盛んで栽培が容易なことから観葉植物として古くから親しまれてきました。 自生地では湿潤な場所に生えており、株元からランナーと呼ばれる枝を伸ばして新しく子株を作り増えていく植物です。 オリヅルランという名前の由来は株元からランナーを伸ばした先にオリヅルのような形の子株をたくさんつけることから来ています。 ランナーを伸ばして子株をつけることで大きく横に広がり成長していきます。 緑色の葉に黄色い線が入ったソトオリヅルランや ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物 多肉植物

ミルクブッシュの育て方・栽培方法!インテリアのように楽しめる観葉植物

2021/11/1

ミルクブッシュ ミルクブッシュは棒状の茎が不規則に生い茂る姿が特徴的な観葉植物です。 見た目にも面白い姿をしているのでインテリアプランツとしても人気の植物。 見た目がサンゴのように見えることから別名アオサンゴやミドリサンゴとも呼ばれています。科名はトウダイグサで原産地を東アフリカとする植物です。 ミルクブッシュという名前の由来ですが、ミルクは「白い樹液」でブッシュは「茂る」という意味があります。 ミルクブッシュの樹液は乳白色をしており茎に傷がつくと白い樹液を出します。棒状の茎の先端には小さな葉をつけます。 ...

ReadMore

ガーデン・庭園 ハイドロカルチャー・観葉植物

大きく育つ観葉植物・ツピタンサスの栽培方法と育て方

2021/10/27

ツピタンサス ツピタンサスは別名インドヤツデやアンブレラツリーと呼ばれウコギ科に属する植物です。 自生地は東南アジアであることから、熱帯の気候に栽培条件が適しています。湿潤な環境を好み、温暖な森の木陰のような場所で自生しています。 ツピタンサスの特徴として大ぶりに成長することが挙げられ、高さは10m以上になります。生育も早く、大きなサイズの観葉植物を楽しみたい場合はおすすめの観葉植物と言えるでしょう。 ツピタンサスの見た目はシェフレラに似ており葉は同じような形をしています。シェフレラに似ていますがツピタン ...

ReadMore

ハイドロカルチャー・観葉植物 多肉植物

多肉植物・ハナキリンの栽培方法と育て方

2021/10/27

FinjaMによるPixabayからの画像 ハナキリン ハナキリンの原産地はマダガスカル島。ハナキリンの科名はトウダイグサ科に属する植物です。 自生地では日当たりの良い乾燥した岩場の環境で生育している植物です。ハナキリンは高さ50cm程度の高さに成長し、枝分かれして大きくなります。 ハナキリンの魅力は赤・ピンク・黄・白など、かわいらしい苞(花)を咲かせる姿でしょう。ひとめ見ると花に見えますが、実は花ではなく苞と呼ばれる葉の一部が変形したものです。 ハナキリンの苞(花)には様々なバリエーションがあります。色 ...

ReadMore

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.