ハーブ

ラムズイヤーの特徴・栽培方法!グランドカバーにも利用されるガーデニング植物

投稿日:

ラムズイヤー

学名:Stachys byzantina K.Koch

ラムズイヤーはアジア中央部~東アジア、イランなどの地域を原産地とする植物です。からっと乾燥した気候の地域に由来する多年草の植物です。

ラムズイヤーは別名ワタチョロギとも呼ばれています。見た目は茎も葉も銀白色の綿毛に覆われているのが特徴。

ラムズイヤーという名前は子羊の耳のような形状で柔らかい葉から由来しています。

高さは30~90cm程度の大きさに生長し、初夏から夏にかけて茎の先端部に紫またはピンク色の小さな花を咲かせます。花は穂状に咲き、観賞価値があります。

ラムズイヤーはその美しい銀白色の葉が魅力で、庭園や花壇のグラウンドカバーとして利用されます。また、ボーダープランツとしても人気があります。

その柔らかい葉は、触れるだけでリラックス効果があると言われ、感触を楽しむために栽培されることもあります。花や葉をドライフラワーにして、装飾やアレンジメントに利用することも可能です。

栽培方法

日光

ラムズイヤーは日当たりの良い場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日光を十分に受ける場所が最適です。

用土

排水性の良い土壌を好みます。特に砂質の土壌が適しています。湿気が多いと根腐れを起こすことがあるため、適度に乾燥した環境が望ましいです

水やり

土壌が完全に乾いたら水をやる程度で十分です。過湿を避けることが大切です。

肥料

春から夏にかけて成長期には有機肥料を与えると良いでしょう。

剪定

枯れた葉や花を取り除くことで、植物の健康を維持し、見た目を整えることができます。また、定期的な剪定で株をコンパクトに保つことができます。

手入れのポイント

ラムズイヤーは湿気に弱いため、水はけの良い土壌と適度な水やりを心がけましょう。

植物間のスペースを確保し、風通しを良くすることで病気の予防につながります。

枯れた部分を取り除き、形を整えることで、健康な成長を促します。

フェイクグリーン造花のショップ

ショップではフェイクグリーン・造花を多数取り揃えています。

ショップはこちら。

  • この記事を書いた人

Hiroshi N

趣味は旅行と植物の栽培です。自分が興味のあることについて記事を書いています。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-ハーブ

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.