多肉植物

多肉植物・セダムをガラス花瓶で水栽培してみた

更新日:

室内栽培は徒長しやすい

多肉植物を室内で栽培することは多いでしょう。多肉植物を室内で栽培した際に問題になるのは日照不足が原因で細長く徒長してしまうこと。

徒長してしまった植物は元の形に戻すことはできません。

ひょろ長く伸びた茎は見た目が悪いので切り取って、さし木やさし芽として新しく再生させるのが植物を立て直す方法になります。

徒長した植物を水栽培で楽しむ

見た目にも悪い徒長した植物ですが、ガラス瓶などの容器を用いて水栽培に切り替える方法があります。

先日栽培していたセダム系の多肉植物が徒長していたので水栽培に切り替えました。

セダムを鉢から取り出し根をほぐして土を取り除いた後、根をはさみでカットしていきます。

根をカットしたセダムを2~3日室内で置いておき、カット部分を乾燥させます。

ガラス瓶は透明で美しいものを選びました。ガラスに水を満たしてセダムをセットします。

根の部分が水面に少し触れる程度の水量にしましょう。

おしゃれな多肉植物のインテリアが完成しました。

  • この記事を書いた人

Hiroshi Noguchi

ネットショップの運営が本業。趣味は旅行と植物の栽培です。自分が興味のあることについて記事を書いています。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-多肉植物
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.