苔テラリウム・苔グラス・苔栽培

茶色く枯れてしまったように見えるコケでも再生することがある

更新日:

夏の暑さと湿度管理が原因で栽培していたコケ(コウヤノマンネンゴケ)が茶色くなってしまいました。

夏場の室内栽培は温湿度の管理にコツが要ります。

コケが茶色く変色して枯れてしまったと思っても処分するのはちょっと待って下さい。

このような状態になっても適切な温度と湿度で管理すると再生する場合があります。

数ヶ月後に新芽が出た

茶色くなって枯れてしまったと思われたコウヤノマンネングサですが、涼しくなりコケにとって良い環境になった秋口に根元から緑色の生き生きとした新芽が出てきました。

コケは夏にはあまり成長しないように思われますが、寒くなる秋口に元気になるように見えます。新しい芽が出たのもこの時期。

コケの成長はゆっくりしているため時間が必要

枯れたように見えるコケでも再生することがわかりました。

ではどの程度の期間が必要なのでしょうか。

目安となる期間としては3ヶ月程度。3ヶ月後に様子を見てコケに変化が無いか確認しましょう。

コケの成長はゆっくりしているので、3ヶ月でもあまり変化していないように見えるかもしれません。

少しでも緑色の部分が見られるのであれば生きている可能性が高いので、適切な温度湿度で管理すれば再生するでしょう。

秋から春にかけての冬季のほうがコケの生育に適した温度になりますので、茶色く変色してもこの時期まで待ってみるのがおすすめ。

コケの成長はゆっくりしており月日を要するので気長に待つのがコケの栽培の楽しみ方と言えます。

コケ栽培関連の他の記事はこちら。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-苔テラリウム・苔グラス・苔栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.