苔テラリウム・苔グラス・苔栽培

茶色く枯れてしまったように見えるコケでも再生することがある

更新日:

夏の暑さと湿度管理が原因で栽培していたコケ(コウヤノマンネンゴケ)が茶色くなってしまいました。

夏場の室内栽培は温湿度の管理にコツが要ります。

コケが茶色く変色して枯れてしまったと思っても処分するのはちょっと待って下さい。

このような状態になっても適切な温度と湿度で管理すると再生する場合があります。

数ヶ月後に新芽が出た

茶色くなって枯れてしまったと思われたコウヤノマンネングサですが、涼しくなりコケにとって良い環境になった秋口に根元から緑色の生き生きとした新芽が出てきました。

コケは夏にはあまり成長しないように思われますが、寒くなる秋口に元気になるように見えます。新しい芽が出たのもこの時期。

コケの成長はゆっくりしているため時間が必要

枯れたように見えるコケでも再生することがわかりました。

ではどの程度の期間が必要なのでしょうか。

目安となる期間としては3ヶ月程度。3ヶ月後に様子を見てコケに変化が無いか確認しましょう。

コケの成長はゆっくりしているので、3ヶ月でもあまり変化していないように見えるかもしれません。

少しでも緑色の部分が見られるのであれば生きている可能性が高いので、適切な温度湿度で管理すれば再生するでしょう。

秋から春にかけての冬季のほうがコケの生育に適した温度になりますので、茶色く変色してもこの時期まで待ってみるのがおすすめ。

コケの成長はゆっくりしており月日を要するので気長に待つのがコケの栽培の楽しみ方と言えます。

コケ栽培関連の他の記事はこちら。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-苔テラリウム・苔グラス・苔栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.