苔テラリウム・苔グラス・苔栽培

オオバチョウチンゴケで作るコケリウム。管理・栽培方法と育て方

更新日:

今回は以前に自然の中で採集したオオバチョウチンゴケを使って、テラリウムを作ってみたのでその紹介をしたいと思います。

オオバチョウチンゴケ

オオバチョウチンゴケは湿度の高い場所を好む種類です。実際に採集した場所も山の中の川べりの場所で湿度が100%近い場所でした。

自然の中でコケを探す場合は、川の近辺を探すと様々なコケが見つかり易いです。

オオバチョウチンゴケ の特徴

オオバチョウチンゴケの見た目はコツボゴケに非常によく似ています。採取したときはコツボゴケだと思ったのですが、良く調べてみるとオオバチョウチンゴケでした。

オオバチョウチンゴケ の特徴は、その見た目で卵型のみずみずしい葉をつけています。

北海道から沖縄まで日本全国に自生しているといわれる種類のコケです。

オオバチョウチンゴケの群生

1本の大きさも5cm以上とコケの中では大きく、群生する様子は存在感があります。

自然の中では、日陰または日照が弱い暗い場所に生えていることが多いようです。

湿度を好む種類なので、川の近くなど湿度が100%に近いような場所で自生しています。

オオバチョウチンゴケのテラリウムを作る

採集したオオバチョウチンゴケを使ってコケリウムを作りました。ベースとなる容器は透明なガラスの器を用いました。

ガラス容器にソイルを入れます。

テラリウム用の器

ソイルはコケの栽培に適しているアクアリウム用の敷材を用いました。

ソイルを入れた

次に容器に主役のコケをセットします。

ソイルの上にコケをのせる

アクセントが足りないので、石をセットして配置を整えて完成です。

レイアウトを整える

オオバチョウチンゴケは水を好む種類なので、水を十分に与えます。草体が半分水につかるくらいの水量でも良いでしょう。

水を十分に与えるとコケ自体も青々とし美しい緑色になります。

オオバチョウチンゴケの育て方と管理方法

オオバチョウチンゴケは日陰に生育する種類のコケなので、日陰で管理するようにしましょう。直射日光の当たるような場所は避けましょう。

また湿度の高い場所を好むので十分に水を与えるようにします。

自然環境下では川べりなどに見られることから、コケの体が水で使っているような状態でも良いほどです。

ただ夏場は高温になりますので、高温で蒸れないように涼しい場所で管理するようにします。

コケの増やし方ですが、生育環境が整えば放っておいても増えます。生育環境が整うように、日光と湿度管理に注意して栽培を楽しみましょう。

コケ栽培関連の他の記事はこちら。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-苔テラリウム・苔グラス・苔栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.