苔テラリウム・苔グラス・苔栽培

ホウオウゴケでボトルテラリウムを作る・育て方と管理方法

更新日:

今回ホウオウゴケを入手し、ガラスの容器で簡単なテラリウムを作りました。

ホウオウゴケの入手方法についてですが、ショップで購入する方法と自生しているものを採集する方法があります。

自生しているものを入手する場合、ホウオウゴケは湿度の高い場所を好むので川辺など水があり湿度の高い環境で生えていることが多い種類です。

また苔を扱っている園芸ショップでも入手することが出来ます。

ホウオウゴケとは

ホウオウゴケは見た目が、その名のとおりホウオウの羽のような形をした葉の形状に特徴があります。

ホウオウゴケは日本全国に幅広く分布し、特に山地でよく見られる大型の苔です。大きさは4~5cm程度。

湿度が高い環境を好むため、湿っぽい場所や水辺の近くに見られる種類の苔です。

葉に特徴がありのこぎりの歯のように対称に葉が付いている形状をしています。

直射日光の当たらない日陰になっている場所や、山の斜面になっているような場所に自生しています。

ホウオウゴケでボトルテラリウムを作る

ショップで購入したホウオウゴケがこちらです。ホウオウゴケは他の苔に比べてやや大ぶりで長さは約4~5cm程度あります。

ホウオウゴケ

苔を栽培する容器ですが、フタ付きのガラス瓶を用意しました。また土壌はアクアリウム用に販売されている粒状ものを用いました。

ガラス容器とソイル、溶岩石

ガラス容器にソイルと溶岩石をセットした状態が上の画像になります。溶岩石ですが、ガラス容器内に石を入れると見栄えが良くなります。

石のセッティングですが、苔を入れる前に配置しました。

ホウオウゴケをセットする。

ホウオウゴケをピンセットでつまみ1本ずつ土壌に挿していきます。

霧吹きで十分水を与える

ホウオウゴケは湿度の高い環境を好むので十分に水を与えます。

完成

最後に苔のレイアウトを調整して完成です。

石や流木など小物を容器に入れると見栄えが良くなります。おしゃれに飾って起きたい場合は必須のアイテムと言えるでしょう。

ホウオウゴケの育て方・管理方法

ホウオウゴケは日陰を好む植物です。管理方法としては直射日光の当たらない日陰で管理するようにしましょう。

また湿度が高い環境を好む植物であるため、乾燥しないようにこまめに水を与えるか湿度が確保できるフタ付きの容器で栽培するようにしましょう。

寒さには強いので冬場の管理はさほど気を使う必要はありませんが、夏場は高温環境下に置いておくと蒸れてしまうので涼しい場所で栽培するようにします。

コケ栽培関連の他の記事はこちら。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-苔テラリウム・苔グラス・苔栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.