エアプランツ、ティランジア

エアプランツの冬場の管理・栽培方法

更新日:

エアプランツの栽培で注意すべきポイントとして冬場の管理方法があります。

エアプランツを栽培するのに適した温度は10℃~30℃程度と言われています。

日本の冬場は気温が下がるため、特に夜間の冷え込みには注意が必要です。外気温が5℃以下になると枯れてしまうことがあります。

寒い冬場に屋外でエアプランツを置いておくと枯れてしまうことがあるので、冬場は室内で栽培するのが楽でおすすめです。

冬場の管理は室内が基本

気温が下がる冬場のエアプランツの管理は室内で行うのが基本です。明るい窓の近くに置いて管理します。

室温が10℃以下の場合は水やりをなるべく控えるようにします。目安は1週間に1回程度で良いでしょう。

水やりは朝か午前中に与えて、気温の下がる夕方までに植物の表面が乾くように管理します。

エアプランツは濡れた状態で長時間いると枯れてしまうことがあるので注意が必要です。

朝に水を与えて、暖かい日中に表面が乾くようにすると良いでしょう。

冬場の室内は乾燥しやすい環境になります。エアプランツは湿度がある環境を好むため、湿度にも注意しましょう。

冬場の栽培のポイント

以下にエアプランツの冬場の栽培時のポイントをまとめました。

1.冬は室内に入れ5℃以下にならないようにする。

2.気温10℃以下になったらやりを控える。週に1回程度が目安です。

低温時に水を与えすぎると枯れてしまうので、冬場は水の与えすぎに注意しましょう。

エアプランツに関する記事一覧はこちら。

1

ハーブ栽培!タイムの育て方と楽しみ方・栽培方法 タイムは爽やかな香りが特徴的なハーブです。園芸植物としても人気で庭先によく植えられています。常緑低木でほふくするように広がるのが特徴です。 タイムは横へ ...

2

サンセベリア サンセベリアはアフリカの乾燥地帯に自生する多肉植物です。サンセベリアはツノが生えたような見た目をしており特徴的な外見をしています。 大型のものは観葉植物としても人気。種類によって大型と小 ...

3

手軽に植物を増やすことができる方法として挙げられるさし木ですが、成功率がやや低いのが欠点です。さし木を成功させるポイントとして鉢植えを置いておく場所が重要です。 さし木は半日陰で管理する さし木を行う ...

4

正式な名称を知らなくても特徴的な見た目をしている、このエアプランツを園芸ショップで見たことのある人は多いでしょう。 エアプランツは見た目にも面白く特徴的なものが多いですが、ウスネオイデスの大きな魅力は ...

-エアプランツ、ティランジア
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.