苔テラリウム・苔グラス・苔栽培

ハナゴケをガラス瓶(ジャム瓶)で栽培して育ててみた

更新日:

ハナゴケは見た目にも特徴的な植物で地衣類の仲間です。

今回、園芸植物を扱うショップで入手したのでガラスの容器で栽培してみました。

苔テラリウムや苔ボトルと呼ばれるガラス瓶の中で育てる方法を試しました。

苔テラリウムの書籍は多く出版されているので、気になる方はチェックしてみましょう。

苔をガラスのボトルで育てると、おしゃれなインテリアとして飾れるのでおすすめです。

ハナゴケとは

ハナゴケとは地衣類の仲間で、苔とはかなり異なる外形をしています。

入手したハナゴケ

地衣類とは菌類と藻類が共生した植物とのことですが、この辺の難しい話はパスします。

この辺の分類は学説などが絡んできて非常に難しい。知りたい人は研究している学者にでも聞きましょう。

ハナゴケの育て方ですが、苔の育て方と同様の管理方法で育ちます。重要なポイントは以下です。

1.日陰で管理すること。(直射日光に当てない。)

2.湿度の高い状態を保つこと。(乾燥させないこと)

ハナゴケの栽培は難しそうに思えますが、ポイントを押さえればそれほど難しくはありません。

ウチのハナゴケは、スギゴケやハイゴケなどと同じ容器内で育っているので同様の管理方法で良いでしょう。

ただし、夏場の高温だけは注意が必要です。高温になる昼間に水をやると、蒸れを起こして枯れてしまいます。

ガラス瓶で栽培する

今回苔のテラリウム、苔ボトルを作るのに用いた容器はジャム瓶を用いました。

苔栽培に用いるガラス瓶

苔テラリウムや苔のボトルには、密閉した容器と開放型の容器に大きく分けることが出来ます。

今回はフタのついた密閉できる容器を用います。経験上、苔栽培はフタの付いた容器の方が管理が楽です。

初心者の方はフタの付いた容器を選ぶようにしましょう。

苔栽培の土壌には、鹿沼土を用いました。

用意した鹿沼土
瓶に土を入れた

瓶に鹿沼土を入れ、メインのハナゴケを容器に入れていきます。

ピンセットがあれば便利なので用意しておくことをおすすめします。

苔を入れ終えたら十分に水を与えます。

完成

ガラスボトルに入れると管理が楽であるのと、おしゃれなのでおすすめです。

楽しい苔のボトル栽培、ぜひ試してみましょう。

コケ栽培関連の他の記事はこちら。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-苔テラリウム・苔グラス・苔栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.