ガーデン・庭園 プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え 多肉植物 山野草 果樹栽培

ベランダ栽培するポイント・日当たり、風通し、温度環境に注意する

投稿日:

マンションや集合住宅で園芸を楽しみたい場合は、ベランダで鉢植えを栽培するという方法になりますが、ベランダでの栽培は温度湿度の環境に注意が必要です。

集合住宅によってはベランダに物を置くことを禁止している場合があるので確認が必要です。またベランダから鉢植えが落下しないように管理します

ベランダで鉢植えを栽培する際の環境として注意することは日当たり風通し床や壁からの輻射熱です。

ベランダで植物を栽培する際はこれら3つの環境要素に注意します。

ベランダの日当たりについて

まずベランダが東西南北のどの方向に向いているか確認しましょう。方角によって日当たりが異なります。

北側にベランダがある場合は、終日日陰になるので日光を好む植物の栽培には不向きです。北側のベランダに植物を置く際は日陰を好む種類を選んだ方が良いでしょう。

夏と冬でベランダへの日光の差し込み方が異なるので季節によって場所を変えるようにします。

特に夏場は日光自体は強いですが、太陽が真上に近くなるのでベランダに日光が落ちにくくなるので日陰をチェックしましょう。

ベランダの風通しについて

ベランダの風通しは、手すりの材質や構造がポイントです。格子状の作りのものは風通しが良く光や風が通ります。

コンクリートの手すりの場合は風通しが悪くなり、過湿で根腐れを起こし易くなるので水やりに注意が必要です。

風通しが悪い場合は鉢植えの土が乾いているかこまめにチェックしましょう。

また室外機から出る熱風にも注意が必要。植物に当たらないように鉢植えの位置を調整します。

輻射熱について

ベランダの多くはコンクリートで出来ています。夏場は床や壁からの照り返しも強く、地面よりも温度が高くなり植物の栽培に良い環境ではありません。

鉢植えを直接ベランダに置くと、コンクリートの熱が伝わることで鉢内の温度が上がり枯れてしまうこともあります。

直接フロアに置くのではなく、すのこやウッドデッキを置いたり鉢を二重にして床から浮かすとコンクリートの熱が直接伝わることなく栽培できます。

1

苔のテラリウムや盆栽など苔栽培には魅力がいっぱい。 今回園芸ショップで苔を購入したので紹介します。 苔を栽培する際に入手方法として方法が2つあります。1つは自然に自生しているものを採取することです。も ...

2

苔玉は苔を使った盆栽として多くの人に親しまれています。園芸ショップやホームセンターでは完成された苔玉が多く販売されています。 夏になると様々な苔玉が店頭に並びます。盆栽の鉢の替わりに苔玉を用いて観葉植 ...

3

コケのアトリウムはガラス容器の中にコケやシダ植物などを入れて作るものが流行っていますが、今回は四角い枡(マス)の容器を使ったコケの盆栽を作ります。 コケを植える容器として使う枡は、酒や豆などの量を測る ...

4

苔を栽培する際に水やりを毎日する必要があることが面倒だと思ったことはないでしょうか。 また旅行などでしばらくの間、家を留守にしたとき水をやりが出来ない場合どのように管理すべきでしょうか。 ープラスチッ ...

-ガーデン・庭園, プランター栽培・コンテナガーデン・鉢植え, 多肉植物, 山野草, 果樹栽培
-

Copyright© インテリアと園芸とホビーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.